読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

BABYMETALはヘヴィメタルか?

小論文
愚問である。メタル歴10年弱の鼻垂れ小僧にさえ、自信満々でこう断言することができる。お嬢さん、ご安心なさい、あれは正真正銘のヘヴィメタルなんですよと。

しかし一方で「BABYMETALはメタルに非ず」と息巻く人々が世界中に数多く存在する。彼らの主張はおおむね以下の4つに集約されるようである。それらひとつひとつに対してわたしなりの見解を述べておきたい。

「こんなのただのアイドルだろ」
メタルをまったく聴かない人の耳にはそう感受せられるらしい。

「金儲け主義の作りものだ」
作りものには相違ない。しかしわたしの見立てによると、BABYMETALは商売人ではなく一流の趣味人の手になる作りものである。

「自作自演のバンドではない」
わたしも自ら作った楽曲を自ら演奏する「バンド」という形態に強い思い入れを抱く人間のひとりである。だから気持ちは理解できるし、その拘りさえ取っ払ってしまえば、あとはもう薄笑いを浮かべながら真っ逆さまに堕ちていくだろうことも、ついでに予測できる。

「カワイイはメタルの精神に反する」
映像作品やファンカムを観ると、ゴリゴリのメタラー連中がBABYMETALに首ったけなのがわかる。個人運営の著名なレビューサイトをいくつか巡ってみても、過去に何万曲とメタルを聴いてきた猛者たちがBABYMETALに軒並み高評価を与えている。この違いはいったい何なのだろう。かたやメタルの精神に反するという。かたや革新的かつ本格的で面白いグループだという。単なる好き嫌いの問題なのか、それとも度量の差なのか。

冒頭で述べた通り、わたしはBABYMETALを完全なヘヴィメタルと考える。何しろツーバスの連打が聞こえる。多弦ベースがうねりまくっている。ややこしいブリッジミュートが右から左から打ち寄せてくる。これをメタルじゃないと言うのはさすがに無理だ。甘ったるいチョコレートと生クリームとでコーティングされているにせよ、ステーキはステーキなのだ。

無論、良くも悪くもJポップ的に洗練された楽曲構成、直ちに口ずさめてしまうほどキャッチーなメロディなど、ヘヴィメタル本来のゴツゴツとした質感、すなわち一種の冗長さや頑迷さ、無骨さ、気難しさ、近寄り難さのようなものに欠けるのも事実だろう。

だから何だ。BABYMETALはおもてなしの国で生まれた新しいヘヴィメタルである。少しくらい気が利いていたって何ら不思議はない。