読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

『METAL RESISTANCE』レビュー

1. Road of Resistance
レジスタンスという言葉には何かしら特別な響きがある。そうしてこの楽曲には、数分前の自分を、いや、数秒前の自分さえも置き去りにする凄まじい牽引力がある。ミキシングがまずくてシャバシャバ聞こえるのが残念だが。

2. KARATE
メインのリフが震えるほどカッコイイ。AメロとBメロの背後で鳴るややこしい刻みも失禁するほどカッコイイ。おまけに糞キャッチーなコーラスが一般リスナーの心を鷲掴みにする。どこをどう切り取っても神がかり的である。

3. あわだまフィーバー
つい口すさんでしまう。まんまと釣り込まれてしまう。特に「あわだまポッポッ!」のところがお気に入りである。もっともらしい意味が必要ならファンキー加藤でも聴いておけ。

4. ヤバッ!
BABYMETALに出会う前のわたしがちょうどこんな心境だった。いろいろな音楽に手を出してみるのだがどれも気に入らない。違う、全然違う、なんかちょっと違う。ピッポパッポピー。

5. Amore -蒼星-
つい先日、ボルネオ島に住む少数民族の友人にこの曲を聞かせてみた。彼は満天の星空を指差してから、例の人懐こい微笑を浮かべてこう言った。「よく知ってるよ。神様だろう。まあ、声を聞いたのははじめてだけどね」と。

6. META!メタ太郎
すかんちの発明による野球ロックが野球メタルへと進化を遂げた。最初は何だか調子っ外れな印象を受けたが、ライブ動画を見たら不思議と泣けた。あの踊りは何だろう。いい踊りだ。

ビジュアル系の香りが漂うのみならず、どこかアニメソング風でさえある。SU-METALの歌声に心底惚れ込むわたしとしては、しかし大歓迎なのだった。彼女に手を引かれて夜空を駆け巡るかのような、それはそれは幸せな感じがする。

7. From Dusk Till Dawn
海外盤に収録されている何やらシャレオツな楽曲。個人的にあまりそっち方面に進んでほしくない。メタルは本来ダサいものだ。ダサくてむさ苦しくて人間臭いところが魅力なのだ。

8. GJ!
少し前に尿管結石をやった。拷問じみた痛みに耐えながら、わたしはBABYMETALを聴いていた。痛みはやわらいだか。答えはノーだ。でもあのふたりに「もっともっとホラ!」って言われたら、そらもう頑張るしかない。ない。

9. Sis. Anger
はじめて聴いたとき、わたしはマゾヒストに生まれなかった自分を呪った。しかし諦めてはいけない。「どーしよっかなー?」って言ってるから許してくれるかもしれん。

10. NO RAIN, NO RAINBOW
最近気付いたのだが、どうやらわたしは片想いをしているらしい。言葉を交わすことも、視線を合わせることも、もちろん触れることもできない、ひとまわり以上年下の女の子に恋をしているらしいのだ。アイドルってすごい。感心した。

11. Tales of The Destinies
当初は支離滅裂に聞こえた。◯◯病患者のサイケな夢を見せられるようで落ち着かない気分になった。ところがどうだ。聴けば聴くほど好きになる。体調が悪かったりすると涙が出る。なるほど、これが噂に聞くプログレか。

12. THE ONE
我が心の師匠カート・ヴォネガットが生きていたらと思わずにはいられない。この曲を聴いた師匠はまず間違いなくこうつぶやくだろう。「ナイス、ナイス、ベリーナイス」とか、その他いろいろ。