読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

『LIVE AT WEMBLEY』レビュー

当初は購入を見送るつもりだった。東京ドームの2枚組まで待とうと考えていた。何でもかんでも出たら買うなんて姿勢は主義に反するからだ。

ところが1週間ほど前である。はたと我に返ったわたしは、自分が何やら嫌に黒光りする薄っぺらな小箱をテレビへ接続しているのに気付いた。正面中央のロゴから察するところブルーレイが再生できるやつらしい。「何じゃこりゃ危なーい!」と内心叫んではみたが、もちろん手遅れだった。

そうして24日の午後8時半過ぎ、「まさか」と「やはり」との狭間で揺れ動くわたしのもとへ、例の薄ぺらい段ボール箱が届いてしまう。ありったけの勇気を呈して開梱すると、果たして中身はBABYMETAL『LIVE AT WEMBLEY』のBDなのだった。「ほーらーブルーレイ来たー」とわたしはつぶやいた。

以後かれこれ10回近く鑑賞している。そのたびに時間泥棒があらわれ、わたしの貴重な時間をまんまと盗んでいく。

2ndアルバムの楽曲がどれも半端ない。パフォーマンスの質が高すぎて笑い泣きするほどだ。『ヤバッ!』と『GJ!』は何度観ても飽きない可愛らしさを、『META! メタ太郎』はスタジオ音源に比すべくもない圧倒的なダイナミズムを提示する。会場がピースフルな一体感に包まれる『THE ONE』からの『Road of Resistance』がライブのハイライトなのは間違いないにしろ、わたしとしては『Amore -蒼星-』をベストトラックに推したい。

何しろSU-METALの歌声と神バンドの演奏とが極めて高い次元で融合している。双方が心と身体のすべてを余すところなく差し出し、ひとつの卓越したパフォーマンスを作り上げている。おそらくは楽曲そのものの求めるレベルが一際高いからこそ、彼らの音楽に対する献身性がより強く感じられるのではないか。

あんまり長くても仕方ないので、以下にその他いろいろを書き散らかす。

・もちろん1stアルバムの楽曲も半端ない。
・音の仕上がりが「ヒャッハー! これぞメタルのライブだぜ!」といった具合で最高だ。
・神バンドが上手すぎて涙が出る。
・女の子たちがかわいすぎて魂を抜かれる。
・やたらと脚に目が行くなと思ったら、どうやらスカートの丈が少々短い衣装らしい。
・YUIMETALの挨拶の最初のところが聞き取れない。
・個人的に言って『LIVE IN LONDON』を軽々と超えてきた。なんという傑作!

評価 ★★★★★