あんたのどれいのままでいい

BABYMETAL中毒者の手記

小神様の逝去に寄せて

いまになって考えるとめちゃくちゃな話だが、最初はエイプリルフールの悪い冗談だと思った。寝起きで頭がぼんやりしていたわたしは、つい先日おせち料理を食べたことや、初詣に出掛けたことなどをすっかり忘れて、その見出しの意味するところを何がなんでも否認すべく、カレンダーを3ヶ月先へ進めようとしたのだ。

意識がはっきりしてくるにつれ、悲しみよりも怒りがこみ上げてきたーー何だそりゃ。ふざけんな。そんな馬鹿な話があってたまるか。糞食らえだ、ちくしょうめ。

何しろわたしにとって神バンドは(1)BABYMETALに対するろくでもない偏見や先入観を取っ払ってくれた恩人である。(2)バンドをやっていた青春時代に思い描いたヒーローの姿そのものである。(3)ファンの最前線で女の子たちを支え、応援し、勇気付ける、論理の飛躍を百も承知で言えば戦友であり、同志であり、かけがえのない仲間である。

そんな神バンドの一員があのような形でチームを離れることになるとは想像だにしなかった。そう簡単に受け入れられる現実ではなかったし、受け入れられないからこそ涙なんぞ一滴も出やしなかった。

けれどもBOHさん、大村さん、青山さん、Ledaさん、前田さん、宇佐美さん、それからBABYMETAL公式の追悼コメントを読んでいくうちに、少しずつ内心に変化が起こってきた。一介のファンにすぎないわたしなどよりもよっぽど苛酷で、よっぽど不条理で、よっぽど糞食らえな現実をどうにか受け入れ、涙を振り払って前に進もうとする彼らの姿勢に感化されたのだと思う。

昨日、大阪城ホールのファンカムを観ていたら不意に泣けてきた。小神様の奏でるギターは、その音のひとつひとつに「藤岡幹大」の4文字が刻印されており、ああ、これだ、これなんだよと思ったときには涙が頬を伝っていた。偉大なギタリストが、BABYMETALと、そうしてわたしたちファンとともに歩んだ日々は、決して色褪せることはない。彼の貢献はBABYMETALの物語の一部として、いつまでも語り継がれていくことだろう。

先生、心からご冥福をお祈りいたします。最大限の敬意と、感謝と、胸いっぱいの名残惜しさを込めて。

30000字のラブレター

打ち明けて言うが、わたしは二十歳やそこらの数年間、俗に言うところの「追っかけ」をやっていた。

相手は60代後半の老紳士だった。数々の言論人を世に送り出した知る人ぞ知る権威なのにも関わらず、軽妙洒脱にして気取らない話しぶり、ゆるキャラみたいな可愛らしい風貌、そうして年老いてなお革新的な学説を世に問う姿勢などなどが、わたしに加えてふたりの友人の心をつらまえ、追っかけ行為へと駆り立てたのだ。

老紳士の話はしばしば脇道へ逸れた。わたしたちは待ってましたとばかりに目配せを交わし、一言たりとも聞き逃さぬ覚悟で耳をそばだてたものだった。なかでも強く印象に残っているのが京都で過ごしたという学生時代の思い出話である。

何でも当時想いを寄せていた女学生に宛てて30000字のラブレターを書いたんだそうだ。さ、さ、さ、さんまんじ! なんという気持ちのこもった嫌がらせ! ハハッ! 師匠! 手作りセーターの比じゃないですな!

驚くのはまだ早い。勘の鋭い方ならすでにお気づきかもしれないが、老紳士の思い出話には、実はその女学生というのが後のカミさんなのだ、というロマンチックなオチがついてくる。つまり奥様は、400字詰原稿用紙75枚分にも及ぶラブレターをきちんと読み通し、涙するほど感動したんだか、時間を返せこの野郎と憤ったんだか知らないが、とにかく首を縦に振ったわけだ。

おお、なんという、変人にやさしい時代。

しかし考えてもみると、当ブログにしたってラブレター的な側面があると言えなくはないだろう。何しろここへ書き散らかしたあれこれは、結局のところ「好き」の2文字か、または「頑張れ」の3文字か、もしくは「ありがとう」の5文字かにつづめることができる。それでいて30000字どころの騒ぎではない、現時点でおそらく50000字を軽く超えているはずなのである。

なるほど。わたしたちは別の意味で、変人にやさしい時代を生きているらしい。せっかくなんだからそのやさしさに甘えることにして、来年も引き続きBABYMETALへのラブレター的な文章をしたためていくつもりだ。

それでは最後に。ウィーアー! ベビーメタール!

BABYMETALの本質

わたしたちがBABYMETALに観るものは、何も目に見えるものばかりではない。3人それぞれの人間性のようなものが相補的に作用しながら、歌と踊りとを通じて素晴らしく調和する有様を観るのである。

SU-METALはステージの申し子と呼ぶに相応しい肝っ魂の持ち主である。決して小器用なタイプではないが、しかし彼女は自分がもっとも輝ける場所を知っていて、そこへ心と身体のすべてを投げ打つことができる。その潔さ、誠実さ、思い切りのよさに人柄がにじみ出る。

YUIMETALは一言で言って意志の人である。はにかみ屋の表向きとは裏腹に、彼女の内面には1本のぶってえ筋金が入っている。彼女の踊りが呈する美しさ、緻密さ、切れ味の鋭さは、自分自身に対して一切の妥協をも許さない強い意志の表れと見てまず間違いないだろう。

MOAMETALは元気と笑顔と心配りとで周囲を巻き込む達人である。自らを潤滑油に喩えることが許される数少ない人間のひとりと言い換えてもいい。そうした徳性を核にして形作られてきた彼女のパフォーマンスは、オーディエンスひとりひとりを比喩的にハグするのだ。

こうした三者三様の人間性のようなものが奏でるハーモニーこそが、BABYMETALの本質なのではないか。

メタルを超えて、アイドルを超えて、目に見えるものすべてを超えて、世界中であの3人にしか生み出せないトライアド(三和音)のようなものこそが、わたしたちの心を揺すぶって止まないのではあるまいか。

同じことが例えばスリーピース・バンドの代名詞、グリーンデイにも言える。若い頃のわたしが夢中になっていたのは彼らの音楽のみならず、やんちゃ坊主のビリー、沈着冷静なマイク、茶目っ気あふれるトレの3人による絶妙な協調関係ではなかったか。

あの日の午後、YUIMETALが体調不良によりライブをお休みする旨のメールを読んだわたしは、マージーかーよーと細長くつぶやいて、その場にへたり込んだ。額面通りに受け取って回復を待とうという気持ちと、まさか最悪の事態に備えねばならないのかという気持ちとで、心が真っ二つに裂けてしまった。

あれから半月が経過した。冷静になって周辺情報をすり合わせてもみると、YUIMETALは大丈夫だろうと思う。したがってBABYMETALも大丈夫だろう。3人の人間性が奏でるトライアドは今後も鳴り続けるはずだ。

好きな曲ベスト5

今回はBABYMETALの好きな曲ベスト5を発表するつもりである。であるが無事やり遂げられるかどうかはわからない。何しろわたしはこの件について考えるとき、原因不明の息苦しさを覚えるのだ。

試しに5と4ばかりが並ぶ通信簿を思い浮かべてほしいーーというのも、わたしにとってのBABYMETALがちょうどそんな状態なのだ。つまり「めちゃくそ好きな曲」と「くそ好きな曲」しか存在しないんである。そのうえ好きの度合いは日々変動する。選ぶに選べない。

これが例えばスリップノットなら直ちに出揃う。上から順に『The Devil In I』、『Psychosocial』、『Gematria (The Killing Name)』、『AOV』、『Three Nill』といった具合だ。お察しの通り、わたしの好みは3枚目以降であり、狂気と混沌とがごりごり押し寄せてくる初期よりも、静と動のコントラストとでも言うべきかーー

いけない。つい楽なほうへ流されてしまった。今回のわたしは特別な使命を帯びている。字数が尽きるまでに何とかしてベスト5を発表せねばならない。

しかし考えれば考えるほど息苦しさは増してくる。ブログのネタだからって迂闊な真似をしようものなら、選に漏れた曲たちに申し訳が立たないではないか。今後どのような態度で接すればいいのだろう。こうした罪悪感のようなものが息苦しさの原因なのかもしれない。

このままでは立ち往生なので、打開の一手として次のような思考実験を試みたいーー「無人島で生活するのに5曲だけ持っていけるとしたら?」

断る。何が打開の一手だ。そんなふうにぐいぐい締めつければ降参するとでも思ったか、このブタ野郎め。そもBABYMETALの全楽曲はわたしの脳内にてほぼ完全な再現が可能である。だからわたしはたとえ何もかも奪われて島流しにされたって毎日楽しくBABYMETALを聴くことができるのだ。ハッハッハー、どうだ参ったか。

さて、そろそろ字数が尽きるようだ。肝心のベスト5はどうなるのか。結果は下のほうをご覧いただきたい。













1位 紅月 -アカツキ
2位 NO RAIN, NO RAINBOW
3位 悪夢の輪舞曲
4位 Amore -蒼星-
5位 残りのすべての曲

❇︎2017年12月2日付のベスト5です。すぅちゃん広島凱旋ライブおめでとう!

なんという微笑ましさ

わたしのBABYMETALが「21世紀で最も重要なメタルバンド50」に選出されたというので、早速ラウドワイヤーのウェッブサイトを訪ねた。残り49組の顔ぶれをうんぬんすると同時に、未知のバンドがあれば片っ端からYOUTUBEへ問い合わせてやる腹なのだった。

その結果、デス・クロックなるバンドが耳に留まった。何でも『メタロカリプス』というアニメシリーズに出てくる架空のバンドなんだそうだ。エピソードごとに新曲を披露する馬鹿に太っ腹な方式で、すでに4枚のアルバムをリリースしているらしい。

Dethklok - Face Fisted [MV] - YouTube
(PG12相当の一風変わった内容です。よい子のみんなはパパやママと一緒に観てね!)

第1にサウンド・プロダクション(音作り)がわたし好みである。第2に楽曲を構成するリフがどれもこれも気持ちいい。第3にまるで排水口にイモを詰まらせたかのような、あるいは段ボール箱の底をゴソゴソゴソゴソ手探りするかのような歌声が不思議と癖になってくる。

めずらしく歌詞が気になったので調べてみると、コーラスの部分はおおむね以下のような内容だったーー「お前はクソ弱い/俺はクッソ強いぞ/その通り/お前はクソ弱い/俺はクッソ強いぞ/その通り/お前はブサイクだ/お前はうすのろだ/お前の母ちゃん百貫デブ/お前の母ちゃん裏切り者をしゃ◯った/お前は間違いだ/お前はケーキとファ◯クする/(以下、同様の子供じみた悪態が続く)」

おお、なんという、なんという微笑ましさ。

そうこうするうちにトリヴィアムの新作『ザ・シン・アンド・ザ・センテンス』と、デス・クロックのファースト『デスアルバム』の2枚が我が家に届いた。

どちらも素晴らしい出来なのだが、このところ劇的に耳に馴染んできたのがトリヴィアムの新作である。10回以上聴いてようやく各楽曲への理解が一段深いレベルに到達したらしく、当初とは少々異なる色、味、匂い、手触り、奥行きなどがそこはかとなく感じられてくるのだから楽しくて仕方ない。打ち明けて言えば、彼ら4人に会いに行きたい気持ちは募るばかりである。

いまのうちにいろいろ聴いておく。何しろBABYMETALの新しいアルバムが出たら、控えめに見積もって半年はほかの音楽が耳に入らなくなるだろうからだ。