あんたのどれいのままでいい

BABYMETAL中毒者の手記

21世紀の扇動者たち

メタルを聴くなかで何やらアジられているなと感じることがある。無論、政治がらみの話ではない。右でも左でもなければ何とか主義の話でもない。けれども、まるで革命家だか扇動者だかの演説に熱狂するかのような、そんな高揚感とカタルシスとをおぼえる瞬間が、包み隠さずに言えばあるのである。

何しろ一部のメタルは訴えかけてくる──強さへの憧憬を、自尊心の発揚を、権力の腐敗を、人々の堕落を、神の不在と宗教の欺瞞を、祝福されざる者たちの苦悩を、魂の救済を、そうして、音楽による団結を。

このようなメッセージが並外れたカリスマの歌声を通じて解き放たれるとき、その音楽は、革命家だか扇動者だかの演説にどことなく似る。わたしは彼らを壇上に見上げる聴衆のひとりとなり、ゴリゴリにアジテートされる快感と危うさとの狭間で薄笑いを浮かべながら、それでも心のどうしようもなく揺すぶられるままに、賛同の証しを、メロイックサインを高々と掲げるのだ。

(注)あくまで比喩です。アナロジーです。子供じみた連想遊びです。当ブログの何割かは悪ふざけでできています。

世が世なら、とわたしは妄想のアクセルを踏み込む。稀代の演説家として民衆を鼓舞し、結束させ、何かしらのムーブメントを牽引する者がいてちっとも不思議はないはずだ。要はそういった妄想が捗るほど、メタルのヴォーカリストには尋常でないカリスマ性と説得力とを具える者が存在するんですとこう訴えたいのである。

さて、そんな21世紀の扇動者たちの筆頭格、コリィ・テイラー率いるスリップノットの新作が、先日、全世界に解き放たれた。

聴けば聴くほど味が出てくる素晴らしい出来である。持ち前のアグレッションを維持しつつ、思い切ったなと感じさせる楽曲もあるにはあるが、過去作をしこたま聴き込んできた人間として、別段の不整合は感じない。むしろ全体として起伏に富んだ趣深いアルバムに仕上がっている。おまけにタイトルのアジりっぷりが最高ではないか──『We Are Not Your Kind(俺たちはお前らと同類じゃねえぞ、このクソったれ!)』

もっとわたしをアジってほしい。もっともっと心に浮力を与えてほしい。何とも有難い話だが、来週はキルスウィッチ・エンゲイジ、10月には我らがBABYMETAL待望の新作がそのベールを脱ぐ。メロイックサインを下ろす暇がないとはこのことだろう。

ディスコメタルと言えなくもない

新曲『PA PA YA!!』を聴くうちに、ふと懐かしい記憶がよみがえってきた。小学校低学年の頃、珍妙極まる音楽に合わせてクソややこしい踊りを踊らされた、そんな黄色っぽく色褪せた思い出がである。

それは『ジンギスカン』と呼ばれていた。何やら異国語で歌われる、どこか悪ふざけじみた、けれども馬鹿にリズミカルで、ことによると「ご機嫌な」と形容できなくもない音楽が流れると、児童たちはぴょんぴょん飛び跳ねたり、ぐるぐるまわったり、つま先とかかとを交互に触ったりして踊るのだった。

坊主頭の少年にとって何もかもが不可解であった。ミステリーと、ナンセンスと、ストレンジ感とをそれぞれ頂点とする三角形のうちに閉じ込められ、悪い夢でも見るようであった──いったい誰が何のためにこんなことをさせる? そもそもこの珍妙な音楽は何なのだ?

30年余りの時が過ぎ、BABYMETALの『PA PA YA!!』を繰り返し聴いていた中年男は、この楽曲が件の『ジンギスカン』に似ていると考えるようになる。いや、似ているどころかそっくりではないか、俗に言うオマージュなのではないか、などと半ば思い詰めるようになる。そうしてYouTubeへ問い合わすに至ったのである。

ジンギスカン(1979) 歌詞付き - YouTube

これには腹の皮がよじれた。一方で、この本気とも冗談とも鑑定しかねる、それでいて躍動感と生命力とが横溢する圧倒的なパフォーマンスに、畏怖の念すらおぼえた。ついでに言うと『PA PA YA!!』には似ていない。ディスコ調のベースラインが共通する程度だろう。

以前からわたしはBABYMETALにディスコとメタルの融合をおねだりしてきた。ここでよくよく考えてもみると、ダークサイド以降に発表された楽曲には、程度の差こそあれ、ディスコ要素を含むものが複数ある。

『Elevator Girl』のイントロはアース・ウインド・アンド・ファイアを彷彿させるし、『PA PA YA!!』はどことなく『ジンギスカン』めいたシュールさを浴びせかけてくるのだし、『Shanti(仮)』にしたってサンタ・エスメラルダの『悲しき願い』が提示する乙なヴァイブスと、見えない糸で繋がっているような、繋がっていないような印象を与えるではないか。

サンタ・エスメラルダ - 悲しき願い Santa Esmeralda - Don't Let Me Be Misunderstood - YouTube

はあ? ディスコメタル? 仮にそうだとしても「いかにも」な楽曲は作らないぜ? BABYMETALはファンの期待の斜め上を行くグループだからね──某プロデューサーのしたり顔が目に浮かぶようである。

(9)ぶっ生き返される

新曲『PA PA YA!!』のスタジオ音源を聴いたわたしは、その音世界が個人的好みの領域から著しく逸脱していること、また、曲がりなりにも食らいつくだけの熱が最早手前の側に残されていないことを、寝起きの煙草を吸いながら案外冷静に受け止めた。

ついに引導を渡されたんだなと思った。しばらくリハビリなどと称して騙し騙しやってきたが、どうやらこれで本当に終わりらしいなと腹をくくった。

万物は流転する──残念だがこればかりは仕方がない。誰が悪いのでもなければ努力や精神論でどうにかなる問題でもない。ただ単にわたしとBABYMETALとがそれぞれに描く軌道のようなもの、これらの重なり合う時期が終わりを迎えたのだろう。わたしはBABYMETALファンとしての自分がくたばりつつあるのを感じた。

そんなくたばりかけのおっさんは、しかし、いわゆる三途の川から引き返すことになる。イルカ並みに察しのいい方ならすでにお気づきかもしれないが、わたしはグラストンベリー・フェスティバルの生配信を観たのだった──そうして訪れる、めくるめくラザロ体験。

第1に、久々にトリオ編成のBABYMETALを見て心が踊った。第2に、ポップスファンを向こうに回して堂々たるパフォーマンスを披露する女の子たちに目頭が熱くなった。第3に、女の子たちの見てくれが持ち前の可愛らしさを活かすスタイルに戻っていたことに安堵した。第4に、神バンドの演奏によるダイレクト感あふれる鋼鉄サウンドが全身の細胞という細胞を揺すぶった。

すべてが渾然一体となってくたばりかけのBABYMETALファンをぶっ生き返した。なかでも楽曲の評価を見直す機会になったという意味で、神バンドによるライブ仕様の演奏が果たした役割は計り知れぬ。個人的に興味が持てなかった『Elevator Girl』と『PA PA YA!!』が、いざライブとなると鼓膜が喜ぶエグいサウンドを呈することが判明し、いずれも好きになれそうな手応えを得たのは大きかった。おまけにあのインド風の新曲である。

何にせよ、わたしはかつてのBABYMETAL熱を7割8割取り戻したように思う。あの夜からというもの、動画を漁るわ、サードアルバムを予約するわ、またライブに行くぞと決意するわで、大はしゃぎの有様なのだ。

細胞が欲しがるサウンド

音楽は、体内に取り入れるの意味において、食べ物同然である。したがって、流行りのスイーツを追っかけまわすとか、年代物のワインに凝るとか、ラーメン二郎へ通い詰めるとか、その他いろいろのクソしょうもない比喩が成り立つわけだが、わたしの場合、そのときそのときで全身約37兆個の細胞が欲しがるサウンド、これの摂取にこだわって音楽を選ぶ。

細胞の欲しがるサウンドに出会うには、やつらの声なき声に耳を貸さねばならぬ。すなわち言葉を離れ、頭を空っぽにし、と同時に五感を研ぎ澄まして、あたかも腹をぐうぐう鳴らしながらデパ地下を徘徊する人のように、ネット空間をうろつけばそれでよろしい。遅かれ早かれやつらの声は聞こえてくる。

そうやって最近見つけたのが、ライジュウとかいうプログレッシヴ・メタルのバンドなのだった。

Raiju - "Away With Words" (OFFICIAL LYRIC VIDEO) - YouTube

ハッハッハ。なるほどなるほど。こいつはなかなかの変てこりんサウンドである。何しろ昨年末のあたりから、スレイヤー7枚、マシーン・ヘッド5枚と、マッチョイズムの塊みたいなプロテイン音楽ばかり摂取していたので、趣向の揺り戻しが起きつつあるのだろう。全身約37兆個の細胞が、草食感、ナイーブさ、ねじけたインテリジェンスなどを欲しがっているのだろう。

Raiju - The Kool-Aid (Official Video) - YouTube

こんな具合でややストレートに鋼鉄魂をぶつけてくる楽曲もある。こうなるといよいよプロテスト・ザ・ヒーローを引き合いに出さざるを得ないのだが、それにしたってこのおじさんたちは何者なのか。演奏の腕は一流だのに全然人気がないんだから、音楽で食っているとは思えないし、今後食える見込みもなさそうだし、生活のほうは大丈夫なのか。ふざけている場合なのか。

彼らの音源を入手したい。アルバムの2枚を取り寄せて耳毛が生えるほど聴き込みたい。何しろ細胞が欲しがるサウンドを摂取しておけばまず間違いないだろうぜと思っている。振り返れば3年前の春、BABYMETALに出会い、ぞっこん首ったけになったのも、畢竟そういうことだったんだと信じている。


【リハビリの進捗状況について】
かつてのBABYMETAL熱を取り戻すためのリハビリは、少しずつですが着実に成果を上げているようです。先日などBABYMETALの楽曲だけをシャッフル再生しながら風呂掃除をしました。

BABYMETAL with AVATAR

今年秋に開催される全20公演の米国ツアーで、ついにBABYMETALとアヴァターの共演が実現する。両者のファンとして、また、両者にいくつかの共通点を見出す者として、このお知らせには俄然気持ちが高ぶった。臀部から大腿部にかけて原因不明のかゆみをおぼえ、なかなか寝つけないほどであった。

さて、両者の共通点とは何だろう。(1)ジャンル横断的な楽曲を作る。(2)ちょいちょいストレンジ感を差し込んでくる。(3)演劇的および劇場型のステージングを志向している。(4)見てくれのインパクトが強すぎてキワモノ扱いされがち。

こうも似た者同士なのだから共演は時間の問題だろうと思っていたが、まさかこのタイミングで実現するとは予想だにしなかった。そこで今回はアヴァターの楽曲をいくつか紹介し、世に言う周知活動をやってみたい。

Avatar - A Statue Of The King (Official Music Video) - YouTube
インタビュー記事によると、彼らは1台のパソコンを共有して楽曲を制作するんだそうだ。だからこそ、このようにパッチワーク的な、いい意味でとんちんかんな代物が出来上がるのかもしれない。ボーカルのヨハネスはクリーンボイスからデスボイス、スクリームからハイトーンまで、様々な歌唱法を自在に使い分ける。

Avatar - Hail The Apocalypse (Official Music Video) - YouTube
わたしはこの楽曲でアヴァターを好きになった。やや定型的と言えなくもないグルーヴメタルを展開しつつも、しかしギターワークに独特の軽やかな味わいがある。これは途中加入したギタリスト(ドレッドではなくカイゼル髭のほう)の趣向に拠るところが大きいらしい。それにしてもこのリフだ。このリフは傑作だ。

Avatar - Vultures Fly (Live at Wacken Open Air 2015 / Proshot) - YouTube
一転してインダストリアルかつディスコテークな楽曲になる。メンバーがマリリン・マンソンの影響を語っているのも納得のサウンドなのだった。話はガラリと変わるが、ネットの書き込みやライブ映像を見る限り、アヴァターは女性ファンの比率が高い。おやと思ってよくよく見てみると、野郎ども結構ハンサムである。

Avatar - The Eagle Has Landed (Official Music Video) - YouTube
民族音楽風の旋律をメタルに落とし込むという手法も、このバンドの持ち味のひとつと考えていいだろう。どこかトホホ感の漂うイントロから重厚なメインリフへの転換、そうしてツインリードのハーモニーによるギターソロまで、実に見事な出来であり、終始楽しく聴ける。そう、アヴァターは愉快なメタルバンドなのだ。

日本国内のファンはアヴァターの来日公演を待ち望んでいる。もし彼らの初来日がBABYMETALによってもたらされるとすれば──いやいや、そんな夢のような展開を期待してはいけない。万が一そんなことが起きたら全身がかゆくなって一睡もできないでしょうが。