あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

いよいよ巨大キツネ祭り

約1年ぶりの生BABYMETALとなる巨大キツネ祭り(SSA公演)がいよいよ数日後に迫った。

両日のチケットが手もとにあるという幸運に加えて、東京ドーム公演(ブラックナイト)での天空席から、26日は1階スタンド席、27日はアリーナと、ここへきて一気に距離が縮まってくるのだから胸の高鳴りを禁じ得ない、もとい、やだドキドキ止まんない。

しかし何しろ相手が相手である。かわいい日本代表の3トップと言って差し支えない女の子らである。みだりに距離を詰めようものなら急性かわいい中毒を発症しかねない。

急性かわいい中毒とは、短時間に多量の「かわいい」を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。中毒状態に陥った者は、固まる、震える、泣く、叫ぶ、記憶をなくす、性欲が減退する、言動が少々オネエっぽくなる、年甲斐もなく大はしゃぎするなど、いろいろの症状を呈する。(Wikipediaより引用)

何はともあれ、26日と27日の2日間、わたしは現実世界からの逃亡を企てる。なりふり構わぬ全力疾走でねずみ色の日常を置き去りにし、かわいいとメタルとが融合するあの場所へ行方をくらますのだ。

無神論者にして米国ヒューマニスト協会の名誉会長でもあった作家のカート・ヴォネガットは、架空の嘘っぱち宗教と世界の終わりとを描いた小説『猫のゆりかご』の冒頭で以下のように述べているーー「無害な非真実を生きるよるべとしなさい。それはあなたを、勇敢で、親切で、健康で、幸福な人間にする」

また、無類のジャズ好きとして知られたヴォネガットは生前、自身の墓石には以下のような碑文を刻んでほしいと語ったーー「彼にとって、神が存在することの証明は音楽ひとつで十分であった」

これらの至言を混ぜ合わすとき、わたしは洗面所の鏡に映る中年男の思考なり、選択なり、行動なりの妥当性を、あるいはその必要性を、苦笑まじりに認めてやらずにはいられないーーハハッ! おっさんこの野郎! いろいろ言いたいことはあるけれども、まあ、あれだ、結局のところBABYMETALとの出会いは必然だったんだろうな! さあ行ってこい! 思いっきり楽しめ!

例によって会場では隣の席の人などに話しかけるつもりである。ちゃんと空気を読むのは無論のこと、下心も後腐れもございませんので、どうかしばしお付き合いいただければ有難いです。