あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

バンドやりたーい

数ヶ月前から内心にくすぶるものがある。はてなと思って覗き込むと、古い記憶の界隈で煙が一筋立ち上るのが見えた。わたしはもう一度コピーバンドがやりたい。

とはいえBABYMETALに挑戦するほど身の程知らずではない。もっとずっと簡単なので充分である。たとえ高度な技術を用いずとも、各々が楽曲の構成なり要点なりをしっかりつらまえたうえでタイトに合わすれば、脳内麻薬がしゃばしゃば出てキンキラリーンなのをわたしは知っているからだ。あれをもう一度味わいたい。

先走る気持ちはすでに楽曲選びの段階に入っている。

(1)Green Day - Hitchin' A Ride (Video) - YouTube
神様ありがとう。ビリー、マイク、トレの3人を地上に遣わしてくれてありがとう。おかげでわたしたちは最高に気持ちいいメロコアを手軽に演奏することができる。この楽曲以外にも、各パートの絡みが楽しい『ホェン・アイ・カム・アラウンド』、らしくない名曲『ウェイティング』、BABYMETALの出現を予見していたかのような『シーズ・ア・レベル』を候補に挙げておく。

(2)Three Days Grace - Animal I Have Become - YouTube
初めてバンドをやる世界中の若者たちに向けて書いたとしか思えない、簡単だのにカッコイイ楽曲である。ロック魂を内に秘めつつ淡々と刻むことで8ビートならではのグルーヴ感を出していきたい。蛇足になるが、ドラマーは見てくれの面白いのに限るというのがわたしの持論である。一生懸命に叩く姿がただそれだけで面白おかしく、笑いを誘うような人材がベストである。

(3)スピッツ / さわって・変わって - YouTube
スピッツのなかでも大好きな楽曲だが、とても簡単とは言い難い。とりわけリズム隊には一定の経験値が求められるように思う。蛇足になるが、人間というのは楽器を演奏するとき独特の癖が出がちな生き物である。何しろ身体の一部分に全神経を傾けて細かい作業をやるのだから、その負荷がほかの部分に現れてしまうのである。わたしの場合はあごが少々しゃくれてくるようだ。

ここへきて残念なお知らせがある。ギターケースを携えて外出するのが恥ずかしいことにはたと気付いてしまったのだ。前途多難と言わねばなるまい。