あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

まさかの踊りレビュー(2)

素人がプロの踊りをうんぬんするコーナーが約1年ぶりに帰ってきた。今回も持ち前の厚顔無恥なところを存分に発揮していきたい。

ヤバッ!
猫じゃらし的な何かと見てまず間違いない。とりわけ魅力的に映るのは「ピッポパッポピッポパッポピー」の人差し指だ。何だかよくわからないが目を奪われる。吸い込まれそうな感じさえする。仮にわたしが猫ならば無我の夢中で飛びつくだろうこと請け合いの踊りである。

AMORE-蒼星-
高さ20メートルのステージでひらりひらりと舞い踊るSU-METALを観るたびに「奉納」の2文字が脳裏をかすめる。ほとんど神事と言っていい厳粛さと霊妙さとをしかと味わいたい。

シンコペーション
人類史上最高にかっこいい糸巻きが誕生した。無論、糸巻きのみならず、冒頭の力感溢れるポージングから「デーンデーンデーン!」でグッと腰を落として身構える、この一連の流れには闘志のようなものすらうかがえるし、本来なら少女趣味的な「スキ、キライ」のくだりまでもが少々サディスティックな塩加減を帯びるとあっては速やかに降参するほかない。総じて何やら仏像的な、もっと言えばインド神話的なニュアンスを認めるのはわたしだけだろうか。

GJ!
カワイイ検知器の針が振り切れるやつである。けれどもカワイイ方面にばかり気を取られていては、YUIMETALとMOAMETALの真価をつらまえ損なう。一生懸命などという賛辞が最早失礼にあたる領域に達しつつあるのではないか。

Tales of The Destinies
東京ドーム公演での初披露までにどれほどの練習を重ねたのだろうーーそう疑問せざるを得ないのはマジ半端ねえ仕上がりだからである。ディテールのひとつひとつを決しておろそかにしない鋼鉄魂が伝わってくるからである。「伸ばすところは最後まで伸ばす。止めるところはしっかり止める。ほーら、中途半端にしないの」などと幼い頃から口酸っぱく指導されてきたものと憶測する。そうでなければこうはならないはずだ。畢竟すべてが見どころである。

先日ふとマイケル・ジャクソンが生きていたらと考えた。彼はBABYMETALのパフォーマンスをどう見ただろう。もちろん想像の域を出ないが、こっちがドン引きするほどポジティブな反応が得られたような気がするのである。