あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

『LIVE AT TOKYO DOME』レビュー

「人間というのはここまでいけるのか」ーーこれが率直な感想である。であるが、まずもってRED NIGHTとBLACK NIGHTの双方について所感を述べておきたい。

【 RED NIGHT 】
あらためて映像で観ると途方もない舞台セットである。歌と踊りとに加えて、あれを上ったり下りたり、潜ったり出てきたり、挙げ句まあまあの速度でぐるぐる回転させられたりするのだから、女の子たちの心身両面の負担は想像するに余りある。セットリストが少ないだの何だのと不満を漏らしていた公演当時の自分を引っ叩いてやりたくなった。

毎秒が見どころと評するべき内容だが、わたし個人としては『シンコペーション』と『Tales of The Destinies』に浅からぬ感銘を受けた。それぞれのパフォーマンスにBABYMETALの未来を見るような気がしたからである。何しろ『シンコペーション』ではカワイイ成分に頼らない純然たるカッコイイの提示が、また『テイルズ〜』では、楽曲そのもののすばらしさと神バンドの演奏とを含め、総合芸術としてさらに一段高いレベルへの到達が見て取れる。

【 BLACK NIGHT 】
わたしが出席したのはこちらである。日々色褪せていく記憶を少しでも補修すべく気負って臨んだのだが、何のことはない、むしろ新発見の連続だった。そら当然である。3階席から個々の表情など読み取れるはずもない。挙げ句「わあ、ここでぐるぐる回ってたんだ」などと驚く始末である。この野郎しっかりしろと公演当日の自分を蹴り飛ばしたくなった。

『BABYMETAL DEATH』でスタートし、『メギツネ』と『ヘドバンギャー!!』を経てラストの『イジメ、ダメ、ゼッタイ』へとなだれ込む鉄板のセットリストが見どころと言っていい。加えて『おねだり大作戦』から『NO RAIN, NO RAINBOW』、そうして『ド・キ・ド・キ☆モーニング』へと続く中盤の構成は、心理学における振り子効果だか何だか知らないが、とかくオーディエンスの感情をまんまと翻弄し、爆発的な盛り上がりを生む要因となっている。

【 人間うんぬんの件 】
才能に恵まれ、仲間に恵まれ、また教師に恵まれた者たちが、自ら道を求め、その道に不断の努力という足跡を刻み続けた結果の一部始終が、この2枚組には収められている。人間というのはここまでいけるのか。こうも美しく、こうもひたむきで、こうも力強い輝きを放つ何者かになり得るのか。くっそ感動した。

評価:★★★★★(半端ない)