読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

いまなんじぇーい!

小論文
BABYMETALを観たり聴いたりしていると、大はしゃぎする意識に一瞬の空白が生じることがある。そうして以下のように自問するのだ。

「俺はいったい何をやっているんだ?」

何しろ向こう側とこちら側とのギャップが尋常ではない。かたや想像の世界から抜け出してきたような可愛らしい女の子たち、かたや現実世界という糞溜めにどっぷり浸って生きる冴えないおっさん、このグロテスクなまでのコントラストが脳裏をかすめるとき、一瞬の空白と自問とが生じるのである。

例えばカーステレオから流れるBABYMETALに合いの手を入れた直後、部屋で映像作品を観ながらキツネサインを掲げる瞬間、当ブログを更新すべく文章を書く最中、それはぶらりとやってきて、わたしの肩を叩く。

「おい。何をやってんだお前は。アイドル嫌いのメタル好きがどうしてこうなった。すっかり骨抜きにされちまったな」

このような現象を「魔法の解ける前触れ」と見る者がいるかもしれない。「その一瞬が少しずつ引き延ばされていき、ついには夢から醒める瞬間が訪れるのだ」などと訳知り顏に分析する者がいるかもしれない。

しかしそれは間違いだ。

わたしはむしろこの自問こそがBABYMETALを心底楽しむための重要なファクターになると考える。

これをいつも胸ポケットに忍ばせておく。言い換えれば、BABYMETALに出会う前の、分別臭くて、マッチョ気取りで、いまひとつ馬鹿になりきれなかった自分を頭の片隅に置いておく。そんな過去の自分と比べて現在の自分がいかに自由か。いかに上機嫌な馬鹿か。いかに音楽的視野を広げたか。そうした変化のひとつひとつに自覚的であってこそ、BABYMETALを体験する喜びが何倍にも増すように思えるのだ。

例えば『ド・キ・ド・キ☆モーニング』という卓越した楽曲がある。

わたしはこれを体験するとき、アイドルが放つハッピーなヴァイブスを、ヘヴィメタルが生み出す破壊と創造のエネルギーを、音楽そのものが内包する魔法の力を痛感せずにはいられない。「俺はいったい何をやっているんだ?」の自問をしかと受け止めつつ、心の底から「いまなんじぇーい!」と叫ばずにはいられない。

そうやって過去を置き去りにするのだ。糞みたいなあれこれでガチガチに凝り固まっていた過去の自分をあざ笑い、あるいは懐かしく思い出しながら、さらなる高みを目指すのである。

ほら、もうあんなに。わずか8ヶ月前の自分が米粒のようだ。