あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

あなたに会えてよかった

「はあ、ドーム最高だったなあ」

最近やけに独り言が増えた。小さく折り畳んで引出しの奥に突っ込んだはずの心の声が、どうやら漏れ出してしまうらしいのだ。何しろくすぶっている。わたしの胸はいまだトーストみたいにあったかだ。

「またライブ行きたいなあ。今度はシンコペとテイルズからのザワンが聴きたいなあ」

あの夜わたしは退屈な日常を抜け出した。夢とも現実ともつかない時空に心身を溶け込ませ、BABYMETALを存分に楽しんだ。ライブはジ・ミッシェル・ガン・エレファント横浜アリーナ以来だったが、まさに幾千もの夜を越えて大切な何かを取り戻したという手応えを日々感じている。

「正直あと何曲かやってたら伝説だったなあ。まあ、いろいろの事情があったんだろうけども」

よくよく考えてもみると、あの大騒ぎにはもうひとつ別の側面があったように思えてくる。ありていに言ってそれは感謝の気持ちである。音楽そのものに対する「ありがとう」の表明である。だからこそわたしはあの夜、恥も外聞もなく自分のすべてを捧げることができたのではないか。

「しっかし商売上手だよなあ。ドームの2枚組とか出たら絶対買っちゃうもんなあ」

もちろん感謝するのにはそれ相応の理由がある。何しろわたしにとって音楽は親友であり、恋人であり、師匠であると同時に、ロキソニンであり、抗不安薬であり、痛いの痛いの飛んでいけの呪文であるのみならず、祈りであり、福音であり、雲間から射す光であり、その他いろいろでもあるからだ。

「次はレッチリのツアーに帯同か。レッチリとか半端なすぎて逆に笑えてくるんですけど。あの子たちどこまで行くんだろう」

そんな音楽に全力で感謝できたこと。しかもそれがBABYMETALのライブで三十路のおっさんの身に起きたこと。これは決して偶然などではない。女の子たちが、神バンドが、ひいてはチームBABYMETALが、長年わたしのなかで宙ぶらりんになっていたものをひょいと取り上げ、本来あるべき場所へ結わえ直してくれた結果にほかならない。おかげでわたしは音楽に対するあの頃の情熱を完全に取り戻したのである。

「BABYMETALに出会えて本当によかったなあ」

気のせいだろうか。例の心の声がちょいちょい漏れ出しているようにも思えるが、まあ大した問題ではなかろう。