あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

とんでもなく頼もしい

BABYMETALが現在もカラオケでライブをやっていたらと考えることがある。

ここまで夢中になれただろうか? ライブDVDやネット動画を繰り返し観ただろうか? まして東京ドーム公演のチケットを手に入れただろうか?

何しろ人間の半分はつまらない偏見、ろくでもない先入観、および糞みたいな固定観念で出来ている。それらを取っ払って物事を見ることの難しさは誰もがよく知るところである。もし最初に観たライブ動画が神バンドなしのカラオケだったら、わたしはそれを「学芸会」の3文字で片付けたかもしれない。そうして二度と女の子たちに関心を寄せなかったかもしれない。

ちょっと泣いてしまいそうになる。いくら何でもあんまりだ。そんな馬鹿なことが、いや、しかしながら、可能性としては起こり得たと言わねばならない。

こう見えて若い頃ギターをかじっていた。

いくつかのコピーバンドでオアシス、グリーンデイ、ジ・ミッシェル・ガン・エレファントなどをまあまあ上手に弾いていた。

誤解のないようにしておくが、これらをまあまあ上手に弾くために必要なのは、有り余る時間と、少しばかりの忍耐力と、モテたいという願望のみである。センスのある人間なら1年やそこらであっさり到達し、素通りするレベルと言っていい。

しかし、そこに思いっきり楽しむというマインドさえあれば、上手いか、下手かは、関係ねーらしい。事実、当時の音楽活動はわたしにとって人生最良の思い出のひとつになっている。よくもまあ恥ずかしげもなくギターケースなんかを背負って出歩いていたなとは思うが。

かつての相棒であるテレキャスターは現在、ものであふれた部屋の片隅でオブジェと化している。数年前に衝動買いした黒のレスポールも、ほとんど鳴らされぬままに同じ運命をたどった。

さて、神バンドとは何か。

第1にそれは仲介者である。わたしのような狭量で意地っ張りな音楽フリークと女の子たちとのあいだを取り持つ、考え得るかぎり最高の橋渡し役である。

第2にそれはかつて見た夢である。若い頃のわたしのようなギターキッズから、真剣に音楽と向き合い、音楽の道を志し、そうして道半ばで敗れ去った者にいたるまで、すべての楽器経験者、バンド経験者がかつて鮮やかに思い描いたヒーローの姿そのものである。

第3にそれは、わたしたちファンの最前線で女の子たちを支え、応援し、勇気づける、とんでもなく頼もしい白塗り野郎どもである。

ありがとう神バンド。最大限の敬意を込めて。