あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

中毒者への道

(5)出来上がる

先日、当て逃げをやられた。白のワンボックスである。赤信号で停止したわたしの車にドスッと追突しておきながら、右折信号が青だったのをいいことに、猛烈なスピードで右折して逃げていきやがった。わたしはすっかり取り乱してしまった。あの糞野郎のナンバ…

(4)崩壊寸前

BABYMETALの2ndアルバムを聴いたわたしは胸焼けを起こした。『Road of Resistance』のライブ動画にすっかり魅了され、半ば衝動的にアルバムを買ってはみたものの、全体を通して聴いた印象は「甘ったるい」の一言に集約された。何しろkawaii要素が強すぎる。…

(3)涙

しかし、わたしはかろうじて土俵際に踏みとどまった。まあ落ち着け、ちゃんと聴いてみろ、よおく耳を澄ますんだ、ふとそんな声が聞こえたような気がしたからである。仰せの通りによくよく聴いてみると、女児の奇妙な掛け声、リードヴォーカルの真っ直ぐで透…

(2)再会

約1年の空白を経て、わたしはBABYMETALとの再会を果たした。某掲示板のニュース記事か何かだったと記憶している。記事の最後にはYOUTUBEへのリンクが貼られていた。前回に同じく、アイドルなんか願い下げだぜとマッチョな自分を気取ったわたしは、ところが…

(1)出会い

わたしがBABYMETALの存在を知ったのは2015年の春頃だったと記憶している。インターネットという名の糞溜めにキラリと光るそのアルファベット9文字は、わたしの想像力をいたずらに刺激した。ありていに言ってニワトリ並みの想像力をである。ははーん、さ…