あんたのどれいのままでいい

とあるBABYMETAL中毒者の手記

その他いろいろ

ライブ行きたい

5大キツネ祭りへの参加が夢と消えた土曜日、わたしの心と体とは底の抜けたペール缶のように行き抜けになってしまった。みぞおちの辺りが馬鹿にすぅすぅし、何を飲み食いしても満たされず、結局のところアンラッキーとしか名状しようのない、それ以上でもそ…

しばらく休む

かつてこの場所には「諸般の事情により窮屈を感じるのでブログの更新を当面お休みする」といった内容の繰り言が並べられていた。世界を舞台に日々戦い続けるBABYMETALに対照するところ、よっぽど腰抜け的な、あまりにも鋼鉄魂(アツいハート)に欠ける内容だ…

佐助稲荷神社

鎌倉の佐助稲荷神社を訪ねた。瀟洒な家々の左右に軒を連ねる曲がりくねった路地をしばらく歩くと、新緑と鳥居の朱塗りとが織りなす鮮やかなコントラストが目に飛び込んできた。 例によって内心のみだりにざわざわする道行きである。いわゆる潜在意識がいくつ…

祝・だいたい1周年

BABYMETALに出会ってだいたい1年が経過した。相手が相手ならそれなりの贈り物を用意すべき局面である。「だいたい」などと言葉を濁さざるを得ない不行き届きについて、もっともらしい言い訳を案出すべき局面でもある。あいにくと言うべきか、有難いことにと…

アヴァターの話

BABYMETALが表立った動きを見せない今日この頃、わたしはスウェーデン出身のヘヴィメタル・バンド、アヴァターに夢中である。アマゾンの野郎が相変わらず愚図々々しているので、不本意ながらひとつ飛ばして最新アルバムを手配した。するとヴァッケン・オープ…

いわゆるロス疑惑

BABYMETALがステージ裏へ引っ込んで1ヶ月余りが経過し、日常はかつての落ち着きを取り戻しつつある。わたしは日々適量のメタル音楽を聴き、週に数本の映画を観て、毎晩自然とまぶたが閉じるまで本を読んでから、いびきと寝言と寝返りの世界に落ちていく。先…

見ーつけた!

日々の音楽漁りに一定の成果が見られたので以下に報告する。(1)Watcha-And The Beat Goes On - YouTube某所で紹介してもらったフランスのニューメタル・バンド。聴いた瞬間「これだああ!」と小躍りした。ディスコとメタルの見事な融合と評すべき快作であ…

メタリカさん

若い頃のわたしはヘヴィメタルを毛嫌いしていた。生まれて初めて見聞きしたメタルバンドがあのエックスだったからである。見た目、音楽性、世界観、何もかもが生理的に無理であり、足がすくむほどの文化的隔絶を感じた。そうして「ヘヴィメタル=化粧した男…

今年の漢字は「狐」

わたしが所有するBABYMETALのアルバムに異変が生じている。台風16号が関東地方に大雨を降らせたあの夜からというもの、ライブ盤に勝るとも劣らない生々しい音を鳴らしてよこすようになったのだ。記憶である。いまだ胸のうちにくすぶる東京ドーム公演の記憶…

ブリッジ☆ミュート

歪(ひず)んだギターの音がたまらなく好きだ。とりわけブリッジミュートのバイオレンスな鳴りにぞっこん首ったけである。かつては避けて通っていたメタルの界隈に移り住んだのも、より変態的なブリッジミュートを欲しがった結果と見てまず間違いない。言い…

あなたに会えてよかった

「はあ、ドーム最高だったなあ」最近やけに独り言が増えた。小さく折り畳んで引出しの奥に突っ込んだはずの心の声が、どうやら漏れ出してしまうらしいのだ。何しろくすぶっている。わたしの胸はいまだトーストみたいにあったかだ。「またライブ行きたいなあ…

危なーい!

信じられますか? わたしはBABYMETALを聴くようになってしばらくのあいだ、女の子たちがやたらとかわいいことに気付かなかった。歌や踊りに半ば暴力的な可愛らしさを感じていたのは確かだ。しかしそれはあくまで全体から受ける圧力のようなものであって、個…

東京ドーム

東京ドーム公演のチケットが当たった。まさかの急展開に自分でも驚いている。何しろ当初は静観する構えだった。へええ? 東京ドーム? 2日で11万人? いいなあ、さぞかし盛り上がるんだろうなあ、いつか生で観てみたいなあBABYMETAL、といった具合に得意…

東伏見稲荷神社

車で1時間ほどの界隈にちょっと有名なお稲荷さんがあるというので行ってみた。何でも例の伏見稲荷大社から分霊してもらって建てた神社なんだそうだ。境内に足を踏み入れた瞬間、わたしの脳内で『メギツネ』の再生ボタンが押されたことは言うまでもない。わ…